48年間のご愛顧ありがとうございました。
48年間のありがとう トップページ 多摩テックとは 多摩テックの歴史 思い出アルバム 思い出メッセージ “のりもの”のおはなし 壁紙・待ち受け
多摩テックとは
モータースポーツ発祥のレジャー施設
東京都日野市に広がる約12万平方メートルの丘陵地に展開する「多摩テック」は、 鈴鹿サーキットオープンの前年にあたる1961年にバイクが自由に走れる広場「オートゲレンデ」として開園しました。
開園後まもなく「ホンダエンジン付き」のオリジナル・アトラクションを投入し、“モーターサイクルの楽しみと、 時代に合った交通ルールを学べる場所”であると同時に、“科学する自動車遊園地”としても人気を博しました。 これが「ゆうえんちモートピア」につながっています。

自ら操る楽しさを具現化「ゆうえんちモートピア」
その後も「操る楽しさの提供による、モータリゼーションの拡大」をコンセプトとして展開を続け、 2002年には3歳から自らクルマやバイクを操り交通安全ルールが学習できるエリア「コチラのプッチタウン」をオープンさせ、 その後毎年のように競走できる本格ゴーカートや水とともに冒険・発見・体験できるプールエリア、 冒険をテーマに好奇心・挑戦・達成感が味わえるアトラクションを誕生させました。 コンセプトを具現化したアトラクションやエリアは、幅広い年齢層の子どもたちが能動的に遊び方を考え実感できる場となっています。 ファミリーはもちろん、幼稚園や学校の遠足・体験学習、グループのレクリエーションなど他では味わうことのできない楽しい思い出をご提供してきました。
多摩テック
心と身体が癒される空間「天然温泉クア・ガーデン」
1997年ゆうえんちモートピアに隣接した地下1,600メートルの掘削により湧出した 「ナトリウム塩化物温泉」を使い、多摩丘陵のロケーションを一望できるワンデーリゾートとしてオープン。 館内には旬の素材を活かした料理が揃う和食「め〜ぷる」や本格中国広東料理「楼蘭」、 健康増進のための「アクティブゾーン」、リラクゼーションスペースなども設け、1日ゆったり心と身体が癒される空間を充実させてきました。  
※内容は予告なく変更になる場合がございます。
※料金は総額料金を表示しております。
※使用している写真・イラストはイメージです。